1. Whitening Garden(ホワイトニングガーデン)
  2. > blog
札幌ホワイトニングガーデンのブログ

2015.11.24

足先が冷たい人の3つの習慣とは?

こんにちは!Whitening Gardeスタッフのアキです♪

ついに、札幌も雪が積もりましたね!
寒いのはとても苦手です…。
特に、寒くなると足先が冷たくなりますよね!

そんな足先が、やってしまいがちなNG習慣を改善するだけで、
ぽかぽかな足先になるという3つの習慣をご紹介します♪

①靴下の重ねばき、硬い靴をやめる

【NG習慣】
・足が冷えないように、靴下の重ね履きをしている
・モコモコのスリッパを常用している
・ヒールや革靴などの硬い靴をはく機会が多い

靴下や硬い靴を履いている時間が長いと、足がうまく動くことができずに、血流が滞りやすくなってしまうそうです。血の巡りが悪くなりやすい足先を固定してしまうことで、毛細血管は消滅していき、どんどん冷えやすい足になってしまうんだとか!

【改善策】
・できるだけ家では、薄めの靴下をはく
・外ではスニーカーを履き、足を自由にする時間をつくる
・足の筋肉をほぐすマッサージをする


②あたためすぎをやめる

【NG習慣】
・半身浴やストーブ等で足を温めるすぎる

本当に寒い時は温めることも大切ですが、あまりに外側から温めてばかりで、体を動かさないでいると、毛細血管は刺激されず、しだいに「消滅」していってしまうそうです。
温めれば温めるほど体はそれに甘えきってしまい、自ら温まる機能を失ってしまうそうです!

【改善策】
・足首をまわす
・体を動かす

少しずつ毛細血管を刺激していくことで、新たな毛細血管が増えていき、温まりやすい足先へと成長していくんだとか!


③1日3食をやめる

【NG習慣】
・1日3食お腹いっぱい食べている

ご飯を食べると体がポカポカと温まるイメージがあるかもしれませんが、つねにお腹の中に食べ物がある状態だと、余計に体は冷えやすくなるそうです!
食べて消化するという作業をしている間は、胃腸を中心に血液があつまります。1日3食を食べて、つねにお腹の中に食べ物がある状態だと、いつまでたっても足先への血液が循環しずに、どんどん冷えやすくなるそうです。

【改善策】
・朝ごはんを食べない、もしくは消化の早いフルーツなどにする

「排泄活動」が活発になっている朝の時間帯は、お腹の中にたまっている、昨日の食べ物を排泄するためにも、できるだけ食事を控えて、消化活動をお休みするのが理想だそうです。
本格的な食事をするのは昼からにすることで、お腹に集中していた血液が、足先へと届きやすくなり、自らの力で温まる力がついてくるんだとか!


いかがでしょうか?
やってしまいがちなNG習慣があった方は、これを機会に見直してみてはいかがでしょう?

札幌セルフホワイトニング専門店ホワイトニングガーデン
■住所 〒060-0002
札幌市中央区北2条西2丁目4 マルホビル10F
■アクセス ・JR札幌駅 南口から徒歩5分、
・地下鉄南北線さっぽろ駅 徒歩5分
・地下鉄東西線大通駅 徒歩6分
■TEL 011-222-8469
■MAIL info@whitening-garden.com
■営業時間 11:00~20:00
■定休日 年末年始
■駐車場 なし(お近くの有料駐車場はこちら
■カード 不可

« BackNext »