Whitening Gardenのセルフホワイトニングについて
ホワイトニングの仕組み

Whitening Garden(ホワイトニングガーデン)のホワイトニングは、歯に塗布する溶液に二酸化チタンを配合し、「光触媒」の作用を活用しています。「光触媒」の作用で歯の表面の汚れや着色成分・細菌を除去し、歯の元来の白さに戻していきます。また口臭予防にもつながります。

光触媒とは?

二酸化チタンに日光や蛍光灯が当たると、
有機物や細菌類を分解されます。
これが「光触媒」です。(図1参照)

この作用によって、歯の表面に付着した
汚れ(茶シブやヤニなど)を浮かせて剥がし、歯の表面をきれいにしてくれます。

光触媒のメカニズム
二酸化チタンとは?

二酸化チタンとは、チタンの酸化物で「二酸化チタン」または「酸化チタン」と呼ばれています。
ホワイトチョコレートなどの食品、歯磨き粉・カプセルなどの医薬品、化粧品、顔料、塗料など多くのものに
使用されている安全性の高い無機化合物です。
この二酸化チタンに、日光や蛍光灯が当たるだけで、有機物や細菌類を分解する「光触媒」の作用がおきます。

紫外線よりも安全安心な光を使用

通常の光触媒は二酸化チタンに日光の光、つまり紫外線(380nm未満)を当てますが、WhiteningGarden(ホワイトニングガーデン)のセルフホワイトニングは紫外線ではなく、より安全な波長のLEDの光を使用しています。また、光から目の網膜を守るために、専用のアイガードを装着します。

歯医者さんのホワイトニングやホームホワイトニングとの違い
歯医者さんのホワイトニング、ホームホワイトニング、ホワイトニングガーデンの比較表

※「汚れの付着」…歯の表面のエナメル質を溶かさないので、汚れが付きにくい歯になります。

ホワイトニングガーデンの体験者実例
体験者実例のbefore→after

体験者実例1

8分×4回照射で6トーンアップ。
タバコの喫煙者。歯の表面の着色とくすみが取れ、元来の白さに近づきました。

※効果には個人差があります。

体験者実例のbefore→after

体験者実例2

8分×2回照射で3トーンのアップ。
元々の歯の色がグレー系。くすみ・黄ばみが取れ艶がアップ。

※効果には個人差があります。